38歳不妊歴8年の鍼灸師によるブログ

38歳不妊歴8年。5年前に採卵2回移植1回、いずれも妊娠に至らず。2回目の採卵で18個の受精卵が菌により全滅し体外受精お休み。2020年体外受精再開し妊娠するも8週で稽留流産。その後胎盤ポリープと診断され、約4か月後に自然排出される。2021年1月から体外受精再開。2月に胚盤胞移植→陰性

MENU

ラクトフェリン始めました

ラクトフェリンを始めた理由

私の子宮環境

数年前から『子宮内膜炎』が不妊の原因として注目され、

その少し後あたりから『子宮内フローラ』という言葉が聞かれるようになってきたのかなという体感です。

 

私は約9年不妊をこじらせていますが、子宮内膜炎や子宮内フローラの検査を受けた事はありません。

 

昨年の胚盤胞移植で人生初の妊娠判定陽性を頂き、その後8週で流産しました。

その後の染色体検査で、異常なしという結果が出て、不安が湧いてきました。

 

(もしかしたら子宮の状態が悪くて流産したんじゃないか…)

 

着床は一応したけど、途中で成長が止まった。

しかもその子自身は染色体の異常はなかった。

…うーん、子宮が良い状態なのかどうか怪しいです。

 

通っているクリニックではこちらからグイグイ聞かない限りは検査を色々勧められたりはしません。

 

流産後染色体検査の結果のカウンセリングでも、不育症の検査が必要かどうか聞きましたが、

一度の流産で必ず必要な訳ではない

と言われました。

 

不妊治療では結果を受けてトライ&エラーを繰り返していく事が多いです。

 

 一度の失敗→様子を観る

 

だったのですが、2月に受けた胚盤胞移植は着床どころか陰性に終わりました。

ちなみに卵のグレードは悪くなく、成功率は60%くらいと言われていました。

 

陰性結果を聞いた後、先生から詳しい不育症や不妊の検査を勧められました。

 

 二度の失敗→検査した方が良いかも…

 

二度の失敗は結果としては疑いが強くなったという事ですね。

 

それでも『すぐに受けた方が良い』というニュアンスではなく、

『検査しといた方が良いけど、次の移植が先延ばしになってしまう。三回目が失敗になったらいよいよ受けた方が良い』

という感じだったので、次の移植が失敗に終わってしまったら検査を受ける事になりました。

 

そんな訳で、私の子宮の中が良い状態なのかどうなのかはグレーな現状です😣

 

それでも次回の移植は万全にして、成功させたい!

 

という事で、子宮フローラの環境を整えると言われている

ラクトフェリン始める事にしました

 

子宮内フローラとは

私の通っているクリニックでは、子宮内の環境の検査と言えば子宮内フローラの検査になります。

 

あと勧められたのは子宮内膜着床能検査です。

これは着床時期のずれを調べる検査ですね。

 

少し前なら子宮内膜炎の検査が勧められていたと思っていたのですが、今は子宮内フローラを調べるようです。

 

子宮内膜炎の検査は以前は行っていたようですが、今はやっていないとの事でした。

 

なぜかというと、

『子宮内フローラの検査の方が有益』

とクリニック内では結論付けられたと聞きました。

 

結局のところ、

『子宮内膜炎かどうか』

という視点ではなく、

『子宮内フローラの状態はどうか』

という検査をした方が、

得られる情報が多いという事なのかな、という自分なりの結論に至りました。

 

ラクトフェリンの効果

子宮の状態がグレーな私は、少しでもいい状態にしておきたいという事で、情報を探しました。

 

やっぱり出てくるのは

ラクトフェリン

 ですね。

 

しっかりとしたエビデンス?(っていうんですか?)での結論付けまでは至っていないようですが、臨床の現場では良い結果が出ているようですね。

 

そもそも身体に害がある訳ではないので、積極的に勧めている医療機関が多いみたいです。

 

ラクトフェリンって母乳からも検出される成分で、要はタンパク質なんですけど、

摂取する事で色んな効果がある事が分かってきています。


 貧血の改善

 免疫機能の向上

 抗炎症作用

 内臓脂肪の軽減

 腸内環境の改善

などなど…。

 

不妊治療においても子宮内の環境が良くなると注目されています。

ラクトフェリンを摂取する事によって、

乳酸桿菌(ラクトバチルス)

という、簡単に言うと善玉菌が優位になるみたいです。

 

この乳酸桿菌(ラクトバチルス)が優位になると、着床率が上がり流産率が下がる事が臨床的に証明されているようです。

 

ラクトフェリンの摂取方法

森永ラクトフェリンヨーグルト

こりゃ摂るっきゃない!

という事で、ラクトフェリンを始める事にしたんですが、

どう摂るか

です。

 

一番最初に思い浮かぶのはこれ

子宮内フローラを整えるラクトフェリン

森永のラクトフェリンヨーグルト

 

一番身近で手に入りやすい存在ですね。

まずはスーパーに買いに行ってみました。

 

そして含有量を見てみたら、

1本あたり、ラクトフェリン100mg

でした。

 

(…少なくない?)

 

言い方悪いですが、所詮はヨーグルトですから。

日々の生活に少し取り入れましょうよ

っていう感じなんでしょうね。

 

でもこちらは、

とにかく子宮までラクトフェリンを届けたい!

 

結論としてヨーグルトでの摂取ではなく、サプリメントを購入する事にしました。

 

腸溶性のサプリ

薬局でラクトフェリンサプリメントを探してみましたが、何店舗か回っても見つけられませんでした。

 

すぐに手にはいれば良かったんですけど、仕方ありません。

ネットで頼んで、来るまでの間はヨーグルトを飲む事にしました。

 

ヨーグルトもそうですが、ラクトフェリンを摂取してもほとんどが胃酸により分解され、腸まで到達できません。

 

効果を高める為には、腸までラクトフェリンを生き残らせなくてはいけません。

 

例えばDHCからもラクトフェリンのサプリは発売されていますが、腸までは届かないようです。

(お値段自体は安いので、それはそれでありだと思います。)

 

ですが、何度も言いますが、

子宮までラクトフェリンを届けたい!

ので、腸まで届かせて吸収率を良くしたいんです!

 

DHCではダメそうだったので、腸溶性のサプリメントを探しました。

 

選んだラクトフェリンサプリ

条件としては、

 ①腸溶性☆最重要事項

 ②一回量が300mg以上

 ③信頼あるメーカー

  (取り扱いしている不妊クリニックがある)

 ④お手頃なお値段

 

こんなところでしょうか。

 

そして私が選んだラクトフェリンサプリは…

 
コンタクトレンズで有名なメーカーのメニコンが製造している
ルナリズム
という商品です。
 
 ①腸溶性
 ②300mg/回
 ③不妊クリニックでも扱っている所が多くある
 
この三点でも条件に合うんですが、もう一つ
お値段安っ!
 
メニコンの正規サイトでも買えるんですが、私は楽天で買いました。
 
今、楽天市場ではスーパーセールをしているんですが、この商品ポイント50倍でした。
(ご、50倍!?)
 
正規サイトでも初回は半額なのでせすが、定期便になってしまいます。

menicon-lifescience-online.com

だったら楽天市場で買う方が結果的にはお得。

1個¥5,000で先にそれは払わないといけないけど、後でポイントで返ってくる。

¥5,000で買って、本来なら50ポイントだけど、×50倍で2,500ポイント付くから

『実質半額』

って訳です。

 

さらに、お買い物マラソンに参加していたので、結局2,850ポイント付きました😆

ポイント還元率に浮かれて、結局2か月分購入。

 

1か月分で¥2,500だったらまあ許容範囲です。(自分的には)

 

他にもサンスター、ライオン、もちろん森永も

ラクトフェリンサプリメントはあるんですが、腸溶性のものはやはり割高です。

 

今日届いたばかりですし、そもそも効果は感じにくいかと思います。

しかも今月の移植に向けてなので、そんな短期間でどこまで効果があるかは甚だ疑問ですが、とりあえずは飲んでみようと思います。

子宮内フローラを整えるラクトフェリンサプリのルナリズム

ちなみにこのサプリの容器、めちゃくちゃ小さいです。

私の中指の長さくらいしかありませんでした。

ネットでの写真とのギャップが…

なんか可愛い😍